筆者[TokuToku]プロフィール&食の好み

生い立ち

昭和44(1969)年うまれ。千葉県船橋市郊外の新興団地街で育ち、高度成長期後半の時代の波にモマレつつも、結局ごくごく平凡な人生をおくってきた中年おじさん。既婚。子供あり。

バブル崩壊後の90年代初頭からサラリーマンになり、主に営業・事務職等を経験。「海浜幕張」「浅草橋・蔵前」「東日本橋・人形町」「目黒」「新浦安」「丸の内」等と職場エリアを渡り歩き、現職では「田町・芝公園」界隈で約5年働くも、2016年秋に職場移動が決定。今度は青山エリア! またまた新規開拓が出来るんですね、うれしい限りです。

ブログについて

大好きな旅や食べ歩き、鉄道、クルマのことなどあれこれと書き連ねたブログ「Twingoな日々」を2000年台前半から断続的に続けてきたが、いつしか散漫な内容となってしまったため心機一転。

東京のランチに絞った内容の当サイト「1000円ランチTOKYO」として独立させる。

(※一部記事は過去ブログから移設しています)。

はてさて今度はちゃんと続くのか。乞うご期待。

1000円ランチTOKYOとは

TokuToku@管理人

食の好み

・なにより、土地土地の名物や定番、基本形は押さえておきたい派

・チェーン店系よりも独立系を好む傾向にあり

・正直言って、そりゃあ「こってり」&「揚げ物」は大好き

・お魚だと特にアジ。たたき、刺身、なめろうにアジフライまでなんでもOK

・一点集中、単品の丼モノは途中で飽きる! 牛丼チェーンのご飯の量は並盛りでも多過ぎだと思う(すき家の中盛りは画期的だ!)

・多品目並んで、あれこれ迷いながら食べられる定食モノのほうが好き

・必ずしも大盛り至上主義ではない(とあえて強調しておきたい!)

・しかし美味しいおかずを前にすると、白いご飯がススムのも事実

・したがってあれこれ食べられるバイキングは特にウレシイ

・だから一点集中型のラーメンはもともとあまり興味がなかったけど、食べ歩きとともにその奥深さを知り、遅ればせながらただいま勉強中

・多品種あれこれ、が好きなので、麺類でも多彩な具がのっているほうを好む傾向にある(野菜マシマシ!)

・好き嫌いはほとんどないが、唯一苦手なのは汁に浸った天ぷら。揚げたてならまだしも、海老天をくたくたに煮込んだ関東風の鍋焼きうどんとか、もう意味が分からない。うどん・そばなら天ぷらは別盛りにして欲しい。濃いめのタレがかかった天丼なら許容範囲だけど、できれば天ぷら定食がいい。

・少ないこづかいゆえ(!?)、700円以下のプライスだと評価も甘くなる傾向

・とはいえ安かろう・まずかろうは絶対に許せない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加