[日本橋・三越前]天丼よりも天ぷらめし!「天ぷらめし 金子半之助」で天ぷら定食

天ぷら定食版「金子半之助」とは

とある平日の夜、行列の出来る大人気店、日本橋の金子半之助で晩ご飯を。

と言っても個人的には天丼ってあまり惹かれない。そう、わたくしは断然定食派。そんな訳で、”天ぷらめし”のお店、「日本橋 天ぷらめし 金子半之助」に初挑戦。

と、店頭に並んだ途端にオーダーを聞かれちと戸惑う。悩む間も無くメニューをさっと見て基本の天ぷらめしに生ビールを注文。2組先客がいたけれど、1人客のためスキップして着席。良かった。

生ビール 550円

のどを潤す間もなく、サッと出てきた。このスピード感も江戸っ子らしいっちゃらしい。

揚げたてをサッと出してくれる、しかも大衆的な価格で

天ぷらめし 980円

ひとつの丼で世界が完結する天丼よりも、塩で食べたりつゆで食べたり好きに出来る定食のほうが好き。だいたい揚げ物はカラッと揚がってないとね。タレに浸った揚げ物って基本的にあまり好きじゃないのよね。

目の前でカラッと揚げたのをすぐ出してくれるのが嬉しい。やはりこうでないと! 接客も気持ち良い。

まずは、海老、烏賊のかき揚げ、舞茸、ししとう、そして玉子。

玉子は半熟で揚がっているのでご飯の上にのせ軽く醤油でTKG(玉子かけごはん)に!

いつもならガツガツしちゃうけど、今日はゆっくり味わおう…と思っているうちにもう2巡目。

ハタハタ、かしわ、かぼちゃ、茄子。

秋田名物ハタハタは白身の魚。魚屋さんでは案外大衆的なプライスで売られてることからもわかるように、980円のプライスを実現するには欠かせない存在だった模様。天ぷらの定番キスよりもやや雑味がある気もするけれど、ボリューム感もあって悪くない。

かしわ(鶏肉)はシソで巻いてあって良いアクセント。

箸休めのきんぴらやイカがまた美味しい

そしてここはテーブルに箸休めの漬け物やきんぴらごぼう、イカの和え物?塩辛?が揃うのも嬉しい。ほんとはコレだけでご飯3杯はイケそうだけど、残念ながらお代わりは有料。

ま、それは良いのだけれど、ここはとにかく効率重視、回転率重視。常に混み合うお店だから仕方ないし、気にならないヒトは気にならないとは思うけど、なんだかちょっとせわしない。そういう空気感が少し残念。

とはいえ夜でも980円なら無問題!

満足満足…ごちそうさまでした。

◎日本橋 天ぷらめし 金子半之助

■住所:東京都中央区日本橋本町1-4-3

■営業時間:

月~金 11:00~22:00 (21:30 LO)

土 ・日・祝 10:00~21:00 (20:30 LO)

■定休日:年末年始・不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です