[新馬場・北品川]これぞ「Theチャーハン」! 旧東海道沿い、人気の中華屋さん「登龍」へ

炒飯(チャーハン)で人気を集めるお店

旧東海道・北品川商店街

旧東海道・北品川商店街

所用で天王洲アイル周辺へ。小ぎれいな街なんだけど、なんかピンと来る感じはなかったので、少し歩いて京急の新馬場駅界隈へ。

北品川から新馬場、青物横丁へと続く旧東海道沿いの商店街が軒を連ねています。

名店揃いの旧街道沿い。新馬場では、なんてことない中国料理店『登龍』が人気みたいですよ。

同店が人気を集める理由、それは炒飯(チャーハン)にあるそう。

むむむ、気になる!

食べる前からもう「美味しそうじゃん」!

炒飯(チャーハン) 並 580円

炒飯(チャーハン) 並 580円

炒飯(チャーハン)(並) 580円

うわっ、食べる前から美味しいに決まってる、っていうビジュアルにじゅるる。

対象物がなくてわかりづらいけど、これで並盛り。お茶碗にしたら2杯以上ありそうなご飯の量ですね。

パラパラチャーハンとは真逆、でもそれがいい!

チャーハンの具はいたってシンプル。

肉厚チャーシューがゴロゴロと

肉厚チャーシューがゴロゴロと

卵にネギ、グリーンピース。それに刻んだ焼豚がゴロゴロと。

ご飯もみっちり詰まっててしっとり濃密。いい感じだあ。

時々無性にこういうのが食べたくなるんだよなー。

・・・え、中華と言えばパラパラチャーハンだろ、って!?

いやいやいや、むしろこういう街の中華屋さんには、”ウェット”でみっちり詰まったチャーハンが似合うんですってば。

「登龍」人気の秘密はヘルメットチャーハンだけにあらず!

なんでもないチャーハンなんだけど、こういうのって時々無性に食べたくなります・・・

なんでもないチャーハンなんだけど、こういうのって時々無性に食べたくなります・・・

写真は並盛りですが、ちなみに大盛りは100円増し。量は並の倍あるらしい。

ヒトはそれを指してこう呼ぶ。

「ヘルメットチャーハン」と・・・。

ひえー。ガクガクブルブル・・・

と、これがイマドキのデカ盛りブームにハマったのも人気の理由みたい。

お昼時ともなればすぐに行列が出来ます

お昼時ともなればすぐに行列が出来ます

でも基本のお味がしっかりしてないとここまで流行らないはず。

野菜炒めなど、周りのテーブルで注文されてた定食モノも安くて美味そうだしね。

ああ、なんてことないけど、ご近所に欲しいお店だなあ。

満足満足…ごちそうさまでした。

◎中国料理 登龍

■住所:東京都品川区北品川2-4-16

■営業時間:

[平日]11:30~14:30/17:00~23:00

[土曜日]11:30~14:30/17:00~21:30

■定休日:日曜・祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です