[富津・竹岡]昭和が動態保存された「ニコニコドライブイン」でいただく、なんてことない定食のありがたみ

昭和テイスト全開!

ツーリングライダーから外回りの営業マンまで、お昼を過ぎても多くの来店者が出入りする「ニコニコドライブイン」

ツーリングライダーから外回りの営業マンまで、お昼を過ぎても多くの来店者が出入りする「ニコニコドライブイン」

東京湾に沿って走る内房の国道127号線、上総湊~竹岡界隈。その街道筋で、昭和のまんま動態保存された「ドライブイン」があります。

その名も「ニコニコドライブイン」。いい名前!

きっと昭和40年代からずっとこの建物(推定)。見た目は古臭いけど、ただ店名のセンスからは、ちょっと80年代テイストも感じられたりして。実際のところどうなんだろ?

平日の午後2時を過ぎてもお客がひっきりなしに訪れる人気店です。

寅さんが背中を丸めてラーメンをすすってそう・・・

いけすもヤンマーが造ってるのね・・・

いけすもヤンマーが造ってるのね・・・

店内に入ってみても、昭和な雰囲気はそのまんま。

昼時のピークを過ぎ、午後の陽ざしが閑散とした店内をけだるく照らす。店内のテレビでは午後のワイドショーが、どうでもいい芸能ニュースを長々と伝えていた。

食堂の片隅では、商売の旅の途中に立ち寄った雪駄履きの寅さんが、足を組んで座っている。寅さんは店員のおばちゃんに軽口など叩きながら、背中を丸め醤油ラーメンをずずずとすする。さあて、これからどこへ向かおうか・・・

と、そんな妄想をさせてくれる(笑)「The 田舎の食堂」という風情が、今となってはむしろ楽しい。

房総で海水浴することが一大レジャーだった昭和の時代には、マイカー(死語)で訪れる家族連れやアベック(死語)たちで、大いに賑わったんだろうな。

メニューもやっぱり「昭和」だった!

[富津・竹岡]ニコニコドライブイン/メニュー表は単品価格で表示

メニューを眺めると・・・や、安い!

価格も昭和!

ただしどれも単品モノの値段で、定食は+200円で頼める模様。

頼んだのは、内房の定番「アジフライ」♪

アジフライ定食 570円

アジフライ定食 570円

アジフライ定食 570円!

わ、ご飯のどんぶりの上にお新香載ってる。ああこういうのもなんか懐かしいなあ。

この「なんてことない」感じがむしろありがたい

内房の界隈では近年「黄金アジ」の名で近海で獲れた大振りなアジをブランド化して売り出していますが、ここでは特にそれを誇るでもなく。

アジフライは単品370円

アジフライは単品370円

出てきたのはややこぶりな、しかし肉厚なアジ2枚。いいねえ。

この「なんてことない」感じがむしろここの風情に合っていて「ありがたい」と思う。

見た目以上になかなか食べ応えあり。新鮮だから臭みもなし。

うーん満足満足…ごちそうさまでした。

◎ニコニコドライブイン

■住所:千葉県富津市竹岡106

■営業時間:9:00~16:00

■定休日:不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です