[芝浦]東京湾一望のフレンチで1000円以下の超お得ランチ/「オーシャンディッシュ クオン」日替わりランチ(柔らか豚ばら肉の生姜焼き)

港区のウォーターフロント「芝浦」

東海汽船の高速艇がひと仕事終えてゆっくりと回送中。

東海汽船の高速艇がひと仕事終えてゆっくりと回送中。

港区の港湾エリア「芝浦」。東京湾に面し、貿易の貨物船が行き来するこの界隈は、大型の倉庫街も多いエリアです。

ただし1980年代には海上輸送の中心が海上コンテナへ。貿易港の役割は、より大型のコンテナ船が接岸出来る有明や大井へ移行していきました。

が、折しもバブル全盛期。

この芝浦を中心とする東京湾岸エリアで、比較的安く活用出来る倉庫街が「ウォーターフロント」と名付けられ、再び注目が集まったのです。

時代の急激な変化とともに変遷を遂げてきたエリア

バブルを機に、芝浦界隈で次々に新しいスポットが誕生しました。無機質な倉庫を改装し、ディスコ(!)やレストラン、バー、期間限定のギャラリーなどが出来たのです。

もともと住む人もほとんどおらず、夜はゴーストタウンのようになってしまうこのエリアで、徒歩圏内に駅がない不便さなど、むしろちょっとオシャレに思えた時代でした。

その後90年代にはレインボーブリッジがつながり、倉庫の荷を運んでいた貨物線跡にもゆりかもめが開通。倉庫や工場はマンションやオフィスビルへ生まれ変わり、街が急速に変貌を遂げたのはご存知の通りです。

未だ残る、バブルの残り香

14階建てのオフィスビル「バーク芝浦」。その最上階にクオンが入る。

14階建てのオフィスビル「バーク芝浦」。その最上階にクオンが入る。

はい、前置きが長過ぎました。

オヂサンがついつい長い昔話をしたくなったのも、そんなバブルの残り香が感じられる創作フレンチのお店「オーシャンディッシュ Q’on(クオン)」でランチを頂いたからなのです。

窓からは東京湾の雄大な景色が一望

13時を回った時間帯なので女性客が目立つが、12時台はスーツ姿のおじさんたちも多数。

13時を回った時間帯なので女性客が目立つが、12時台はスーツ姿のおじさんたちも多数。

オーシャンディッシュ クオンは、東京湾に面したオフィスビル「バーク芝浦」最上階14階に位置し、大きな窓からは東京湾の景色が一望できる素敵な場所にあります。

さぞや、お高いんでしょ。

いえいえ奥さん、ランチだったら、サラダバー・ドリンクがついた日替わりランチで、なんと850円から頂けちゃうんですってば。

日替わりランチ(柔らか豚ばら肉の生姜焼き) 850円

日替わりランチ(柔らか豚ばら肉の生姜焼き) 850円

日替わりランチ(柔らか豚ばら肉の生姜焼き) 850円

サラダバー・ドリンク付き(ライス大盛り無料)

特別に高級な食材というワケでは全然ないけれど、そこは「創作フレンチ」を名乗るだけあってちょっと面白い。しかもボリューム感もある。

しかもこの風景付き。

凄い。

日替わりで一味違ったお昼を格安に楽しめるとあって、周辺勤務のサラリーマンたちや近隣に続々誕生するタワーマンションの奥様方(推定)らで、お昼時は連日賑わっています。

ランチにはサラダバーもついてくる(盛り方が下手ですいません・・・)

ランチにはサラダバーもついてくる(盛り方が下手ですいません・・・)

日替わりランチにはドリンク付き

日替わりランチにはドリンク付き

夜は未訪ですが、ぐるなびでは平均5000円というから、そこまでお高いワケでもなさそう。

夜も穴場ですよ。

多彩なランチメニュー、その1

多彩なランチメニュー、その1

多彩なランチメニュー、その2

多彩なランチメニュー、その2

ランチで駐車場が使える、港区では貴重な存在

手前は駐車場。ランチでもしっかり駐車券が出るのがウレシイ限り。

手前は駐車場。ランチでもしっかり駐車券が出るのがウレシイ限り。

あ、かつては不便な地でしたが、現在はゆりかもめの芝浦ふ頭駅から徒歩圏内。JR田町駅からもバーク芝浦の無料送迎バスが出ています。

さらに駐車場も完備。しかも、ランチでも駐車券が出るなんていうのは、実は港区内では(高級なホテルを除けば)かなり珍しいケースなのでは。

クルマで外回りしている方にもおすすめだったりします。

満足満足…ごちそうさまでした。

◎オーシャンディッシュ Q’on(クオン)

■住所:東京都港区海岸3-26-1 バーク芝浦14階

■営業時間:

[ランチ](月~土)11:00~14:00

[ティータイム](月~金)14:00~15:00

[ディナー]17:00~22:00(L.O. 21:00)

■定休日:日曜・祝日

◎参考:
Webサイト

ぐるなび

最寄駅はゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅。

最寄駅はゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です