[神田]有楽町の人気格安タイ料理店「あろいなたべた」が神田へ移ってパワーアップ

お店はビルの2階

お店はビルの2階

田町の職場から自宅へ帰るには、山手線に乗って東京駅で乗り換えるのだけど、今日はもうひと駅向こうへ。

神田のタイ料理屋「あろいなたべた」に寄って晩御飯を済ませることにしました。

有楽町時代には「汚いけど美味しいお店」☆☆☆三ツ星を獲得した人気店

[神田]タイ料理 あろいなたべた

以前は有楽町・東京国際フォーラム裏のJRガード下にあった「あろいなたべた」が、ここ数年で神田の地へ移転してきた模様。

有楽町店は当時の勤務先(丸の内)から徒歩5分圏内だったので、ホントに良く通ってました。主にランチ。夜はいつも満員でなかなか入れなかった。

狭いし、けっして綺麗なお店でもなかったけれど、それがまたタイの屋台のよう(行った事ないけど)で良い雰囲気。

木梨憲武さん直筆の認定証。

木梨憲武さん直筆の認定証。

汚くても美味しいお店を紹介するTV番組「きたなシュラン」(当時)で、トムヤムラーメンが

☆☆☆三ツ星を獲得したりして、またそれでさらに人気が増していましたね。

有楽町店時代には、とんねるずの番組にて「きたないけど美味しいお店」として星☆☆☆を獲得したことも・・・

有楽町店時代には、とんねるずの番組にて「きたないけど美味しいお店」として星☆☆☆を獲得したことも・・・

ミシュラン人形ビバンダムの首を番組プロデューサーのアタマに挿げ替えた受賞トロフィー(そりゃフランス人も怒るわな・笑)や、壁に木梨憲武さんの「ペレ」サインがあったりしたっけ。

全メニューが630円均一!

セットメニューあれこれ。どれもお得。ランチ時のみならず、夜でも注文できるところがウレシイ。

セットメニューあれこれ。どれもお得。ランチ時のみならず、夜でも注文できるところがウレシイ。

そんなあろいなたべたは、ほぼ全てのメニューが630円

しかも昼でも夜でも一緒です。これは有楽町店時代と変わらないサービスっぷりです。

ワンプレートのセットメニューもあり、ランチで人気でした。

ただし以前は「税込み630円」(10年以上前に通い始めた頃は確か600円だった)のところ、消費税8%導入時からは「税別で630円」と実質値上げになったのがちょっと残念なところか。

とはいえ、相変わらず安い!

お店にはライブスペースも

お店にはライブスペースも

神田の新しいお店は雑居ビルの2階。奥にはライブステージがあったりして、以前よりも広くなってた。席数も倍以上ありそう。

ランチで人気のセットメニューは夜でも630円

Eセット 630円(税抜)

Eセット 630円(税抜)

Eセット 630円(税抜)

パッ・パッカートドーン/ムー・ホン/パッ・ペッ・クン・マクアヤオ/ボーピア・ソッ(←暗号文じゃないですよ・笑)

「パッ・パッカートドーン」

「パッ・パッカートドーン」

「パッ・パッカートドーン」とは、卵と高菜の炒めもの。

タイ料理というとみんな押し並べてスパイシーなイメージだけど、こちらはそんなことない

適度な塩味でご飯がススム。

「ムー・ホン」

「ムー・ホン」

「ムー・ホン」はタイ風豚の角煮。

八角やシナモンのいい風味でこれまたご飯がススム(笑)。ビールにも合います。

「パッ・ペッ・クン・マクアヤオ」

「パッ・ペッ・クン・マクアヤオ」

「パッ・ペッ・クン・マクアヤオ」はエビとなすのレッドカレー炒め。

ナスは揚げてあるそう。見た目ほどは激辛でなく、馴染みやすいカレーです。

「ボーピア・ソッ」

「ボーピア・ソッ」

「ボーピア・ソッ」は見ての通りのタイ風生春巻き。

これら、日本人も馴染みやすいタイ料理が一枚に載ったプレートランチが、昔から変わらず630円とは安定の安さ、そして安定の旨さ!

満足満足…ごちそうさまでした。

タイといえば・・・Singha Beer(シンハービール)!

タイといえば・・・Singha Beer(シンハービール)!

◎タイ料理 あろいなたべた

■住所:東京都千代田区内神田3-8-7 星座ビル2F

■営業時間:11:00~23:00

■定休日:無

◎参考:

タイレストラン あろいなたべた Webサイト

※すぐ近くの神田須田町にも系列の「あろいなたべた 神田須田町店」があるみたい。

ホットペッパー

お店は神田駅西口すぐ。

お店は神田駅西口すぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です