【西銀座】「韓国家庭料理 まだん」スンドゥブチゲ(純豆腐チゲ)

大都会のど真ん中、銀座・日比谷の近くにこんなところが

madan_01

お盆休みに入る前日、職場は既にお休みを取っている人も多く、これ幸いとひとりでランチへ行くことに。社会人になって20年余りなのに、未だ集団行動が得意でない”ひとりっ子”なオジサンにとってはむしろありがたいハナシ(笑)。こういう時は、新規開拓でしょ。

ならばと、たまたま前日にTwitterのタイムライン上で話題に上っていた、西銀座の「まだん」へ向かってみることにしました。韓国の家庭料理が頂けるお店で、職場からはちょっと遠かったこともあり未訪だったのです。

場所はJR線の新橋と有楽町の間の高架下。あの界隈の高架下というと、たいてい店の入口は線路と並行に走る小道沿い(歴史ある高架橋の赤レンガ造りを上手く生かした洋風のお店多し)か、あるいは線路に交差する道路の鉄橋ガード下(煮込みや焼き鳥が旨い居酒屋のイメージ)のイメージがありますが、「まだん」は別。ちょっと一見さんでは見つけにくい場所にあるんです。

この区間のJRの高架線は、海側から新幹線・東海道線・京浜東北線・山の手線と、上下線で計8本もの線路が走っていて、「まだん」があるのは、ちょうどその8本の中でも、ちょうど中央のあたりで、線路と同方向へ伸びるアーケード街「西銀座JRセンター」内にあるのです。そんな奥まったとこに、通りなんかあったのねという感じです。

madan_08

ちなみに高架下のアーケードといっても、例えばこのあたりなら銀座インズのような明るく洒落たショッピングモール・・・なんかでは全然なく、コンクリートの橋げたの下に倉庫のような地味な建物が延々と並ぶイメージ。しかもシャッターが閉まった店も多く(ってかほとんどがそう)、これが結構長い距離で続くのです。

なかなか素人には近寄りがたい雰囲気が漂います。

まあ雨の日にも濡れずに新橋から西銀座方面に向かうには便利なのですが、この時期の昼間に通ろうもんなら蒸し暑いのなんのって。

殺風景なガード下で孤軍奮闘する「まだん」

madan_02

そんな中で孤軍奮闘ランチ時から営業しているのが「まだん」(前置き長くてすいません)。

こんな雰囲気(失敬)なのに、周辺のOLさんなどからの支持も熱いお店なのです。

ちなみに今日は近隣にある一流ホテルのスタッフの方もお見かけしましたよ。

ランチの特長はメニューが多いこと!

madan_03

韓国ラーメン、カルビうどん、プルコギに、チヂミ定食。ビビンバだって相当のバリエーションがあります。

初訪だと、もう何を頼んでいいのやらちょっと迷っちゃうほど。

というワケで今日は暑気払い、純豆腐チゲを頼んでみました。

madan_06

スンドゥブチゲ 900円

(※一度来店すると100円引き割引券がもらえます)

白飯、自家製カクテキ、miniサラダ、小皿2種付き

実は「スンドゥブチゲ」とは別に「豆腐チゲ」(900円)なるメニューもあって、異なるスパイスを使うものらしい。さらに「海鮮豆腐チゲ」(1000円)もあったりして、うーんそっちも気になるなあ。

スープはサラっとしてて、おぼろ豆腐といい按配で溶け合う感じ。見た目以上にボリューム感もあり。もうご飯がススムススム!

どうやらもういっぽうの「豆腐チゲ」のほうは、韓国味噌を使った濃厚な感じなのではないだろうか、と推察(違うかな?)。これは次回の宿題ですな。

madan_05

うーん満足満足・・・ごちそうさまでした。

また近いうちに再訪カクテキ、んじゃなくて確定ですな。

◎韓国家庭料理 まだん

■住所:東京都千代田区内幸町1-7-24 西銀座JRセンター内47号

■営業時間:12:00~14:00/17:00~23:00

■定休日:土日・祝日

◎参考:

ぐるなび

madan_07

ランチ時、一度来店するともらえる100円引き割引券。これはずっと使えるそうです。忘れずに財布に入れておきましょう。

madan_04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です